[人生120年の選択]本 発売開始☆.。.:*・

「私はうまく年を重ねているだろうか?」

日本は超高齢社会を迎え、今後ますます人々は長い老年期を過ごすことになります。このような時代において、「充実した人生」とはどのようなものでしょうか? 40代以降の人なら一度は考えたことがあるかもしれません。

一指李承憲氏は、この問いの答えを、人生の後半期の目的と生き方を探す旅を始めたときに見つけたといいます。60代後半の彼は、単に退職して死を待つだけの日々ではなく、より深い価値を残りの人生に見出そうとしました。

医学的に究明されている人間の寿命は、120歳と知られています。

人間は想像以上に長く生きられる潜在性を秘めていると知った李承憲氏は、120年の人生をどう過ごすかという計画を立てることにしました。人生120年。あなたを含むすべての人に、その可能性が開かれています。

あなたは何歳まで生きたいですか?

「神との対話」著書 ニール・ドナルド・ウォルシュ氏 推薦図書です♪