ストレスによる冷えや便秘の改善に腸運動

私たちの腸はふだん意識しなくても働いてくれています。しかし、ストレスを抱えると、知らず知らずのうちに働きぶりが鈍くなってきます。

たとえば、大事なプレゼンテーションや試験を控えて、本番の数日前から便秘になった、という経験がある人も多いでしょう。これは、ストレスによって腸の働きが鈍っているからです。ストレスの多い現代社会において、こうした便秘は20~40代の働き盛りの世代に増えているといわれます。

ストレスによる便秘や冷えが起こるとき、その体の内側では自律神経が乱れている可能性が大です。自律神経のうち、「副交感神経」が活発だと腸が元気だとされますが、心配事や悩み事、イライラを抱えていると、副交感神経の出る幕がなくなります。これが便秘を引き起こすのです。

そんなときは、心と体をリラックスモードにすることで、副交感神経が優位になり、腸がより活発に働いてくれます。そのための簡単な方法が、腸運動です。

体験はお気軽にどうぞ♪男性もOKです!

イルチブレインヨガ福山スタジオ
084-922-8292

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう